<< 3Dテレビについて | main | オイルマッサージによるインドエステ >>

3Dテレビの仕組み

0
    では、3Dテレビとは実際にどのようなものなのでしょうか?
    それは、3Dテレビ専用の眼鏡があり、それをかけることによって、3次元、いわゆる立体映像を見ることが出来ます。

    そもそも、人間は立体物を目で確認すると、左右、それぞれの目がある位置が違っているので、「視差」というものが発生します。
    この視差を使ったものが、3D技術なのです。
    視差を利用し、本来、平面的である映像を立体的なものとして、人間の脳に知覚させるのです。
    簡単に言えば、本当は平面だけれども、立体的だと脳に思わせる技術を使ったテレビが3Dテレビなのです。

    それでは、昔の飛び出す映画などは、どのような仕組みだったのでしょうか?
    以前の3D映画は、左右それぞれの目に合わせた画像を見られるように、フィルム(偏光フィルム)を使った眼鏡をかけていましたよね。
    ですが、2010年から登場する3Dテレビは、液晶シャッター付き眼鏡を使う物がほとんどです。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.04.29 Saturday
      • -
      • 07:00
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      links
      selected entries
      categories
      PR