スポンサーサイト

0
    • 2017.04.29 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ブランク後の再就職はどうする?

    0
       
      再就職という言葉からイメージするものとしてはリストラによって再就職を余儀なくされた人や出産などで退職した後の再就職をする主婦などでしょうか。
      いずれにしても年齢的には30代、40代です。
      現代の景気状況の中では全体的には厳しいものがあると言えます。
      特にリストラのために再就職をしようとする人の状況を考えてみましょう。

      再雇用先は簡単には見つかりません。
      求人もあったとしても給料は大きく下がることは明らかです。
      また、勤務地や勤務条件も大きく希望からずれている求人である、ということもあり得ます。
      そのような求人条件で就職しても、長く務めることができるかどうか、不安になる人も多いでしょう。
      新卒の学生と同じような就職活動では勝ち目はありません。

      そうであれば、自分を雇ってくれる相手のメリットは何なのかを考えてみましょう。
      自分には学生にない何があるのだろうかと問いかけることです。
      まずは人生における経験と技術力でしょう。
      技術の進歩によって昔からの経験が役に立たなくなっているというケースもあるかもしれません。
      ですから、狭い分野での技術力ではなく広い視野を持った幅広い知識などをアピールすることが大事です。

      最近の社会は高齢化が進んでいますから、看護師の方も40代ぐらいではまだまだ働き盛りです。
      自分の持つ技術力が会社に貢献できるのであれば、それを武器にして求人に対し、再就職活動を行いましょう。
      ブランクがある場合でも、再就職を支援してくれる転職会社はたくさんあります。
      リストラされて自信をなくしている場合ではありません。これから先の人生はまだまだ長いのです。
      収入は減少するかもしれませんが、仕事をやることで新たな自分を見つけることもできるのです。看護師の再就職をサポート

      気功を始めるには

      0
        気功は、自分自身の身体が持つ潜在能力をひきだすことで、心身の強化や病気の予防、治療を行なう東洋医学の一技法とされています。
        それだけでも健康への効果は十分期待されますが、各種のスポーツのトレーニングの一つとしても行なわれることが多くあります。


        気功を始めるには、まずは「気」を感じる事から始めてみましょう

        1.両足を肩幅の広さに開き、膝を少し緩めて立ちます。
        2.背骨を中心にして身体を揺らしながら力を抜いていきます。
        3.静止し、目を閉じ、ゆったりとした呼吸をします。
        4.両手指先が軽く触れるくらいに合わせます。
        5.ゆっくりと両手を遠ざけたり近づけたりします。
        6.5の動作を続けていると、だんだんと気を感じられるようになってきます。

        両手の間に、何かエネルギーのようなものがあるように感じられたら成功です。 


        気をコントロール

        0
          気功は、鍛錬法を学ぶことによって、「気」をコントロールする技術を身につけていきます。 
          一体何でしょうか、「気」とは。

          一言でいうと「生体エネルギー」となりますが、老子や孔氏の昔から哲学者の議論が繰り返されていても、いまだその実態がよくわかっていないのが現状です。
          いろんな立場の科学者が、解析や研究を試みており、さまざまな報告もされていますが、それぞれの分析結果を集めても説明しきれないものを残しています。

          気功とは、「気」によって自己治癒力、自己調整力などを高めることで、自らの健康レベルを上げていく健康法です。

          太極拳やヨガ、呼吸法などは、どれも気功と似たイメージを持っています。
          実際、太極拳は気功の達人によって編み出されたものとされていますし、ヨガは、中国では「インドの気功」といわれているそうです。
          呼吸法は、気功の三大要素である、姿勢・呼吸・意念にも関係しています。

          理論価格と225先物取引

          0
            225先物取引よりも理論価格が低いケースは、割高になるのが225先物取引で、225先物取引よりも理論価格が高いケースは、225先物取引の方が割安になるということが、対比するとわかるそうです。 

            それでは理論価格と225先物取引について、見ていきましょう。
            取引価格はどういう形で形成されるかは、日系平均株価、この動向によって左右されるのです。
            基本的には日系平均株価ではありますが、ほかの要素、たとえば需要と供給のバランスも関係してくることもあるそうです。

            先物価格として、日経平均株価にほかの要素を加えて算出をするという、「理論価格」といのがあるそうです。
            「理論価格」に関わるほかの要素というのは、日系平均株価のほかには、配当利回りや短期金利などが挙げられるそうです。
            日経平均株価の動向もとても大切ではありますが、実は需要と供給のバランスも大切なのだそうです。

            実際に影響が大きいのは、需要と供給のバランス、であるところが大きかったりするそうです。
            理論価格の算出方法として、決まった計算式があるそうです。
            その決まった計算式にしたがって、理論価格は決定されるそうです。

            225先物取引について

            0
              225先物取引という投資を知っていますか
              新年を迎え、今年こそは225先物取引について勉強をして、先物取引をしようと思っています。
              225先物取引は、日経225先物取引とも言われていますね。
              「225」というのは何の数字なのかといいますと、企業の数字をあらわしています。
              これらの企業は、日本を代表する企業のことを表しているそうです。

              単純に言えばその数字は株価指数で、225社の株価です。
              日経225とは、平均して225社の株価を算出したものを言います。
               
              株価指数にはいくつか種類があり、その種類は
              ・日経225
              ・TOPIX
              ・マザーズ指数

              というものがあります。

              以前は225先物取引自体の敷居が高かったこともあり、また、手数料が個人投資家にとっては高いという欠点もあったようで、投資家でもプロがメインになっている取引だという印象が強かったようです。

              以前の手数料というのは、現在と比較してだいぶ異なるようで、まだ敷居が高いとされていた頃にはある程度利益をだし、儲けを手数料以上出すということが必要だったようです。
              そして225先物取引というのは、対象物がひとつとなっているようで、投資効率が高いことと、ひとつの銘柄で利益と損失がでるとのことです。

              3Dテレビの仕組み

              0
                では、3Dテレビとは実際にどのようなものなのでしょうか?
                それは、3Dテレビ専用の眼鏡があり、それをかけることによって、3次元、いわゆる立体映像を見ることが出来ます。

                そもそも、人間は立体物を目で確認すると、左右、それぞれの目がある位置が違っているので、「視差」というものが発生します。
                この視差を使ったものが、3D技術なのです。
                視差を利用し、本来、平面的である映像を立体的なものとして、人間の脳に知覚させるのです。
                簡単に言えば、本当は平面だけれども、立体的だと脳に思わせる技術を使ったテレビが3Dテレビなのです。

                それでは、昔の飛び出す映画などは、どのような仕組みだったのでしょうか?
                以前の3D映画は、左右それぞれの目に合わせた画像を見られるように、フィルム(偏光フィルム)を使った眼鏡をかけていましたよね。
                ですが、2010年から登場する3Dテレビは、液晶シャッター付き眼鏡を使う物がほとんどです。


                3Dテレビについて

                0
                  3Dテレビってご存知ですか?
                  3Dと言えば、立体的に見えることで知られていますよね。
                  昔から子供向けの映画などで観られました。
                  ディズニーランドにあった、アトラクションでも、3Dで楽しめるものがありました。

                  さて、最近は3Dと言えば、3Dテレビです。
                  映像が立体的になる、飛び出してくるというものは、もう映画やアトラクションに限ったことではありません。
                  テレビで実現可能になりましたので、ご家庭でも楽しむことが出来るのです。


                  links
                  selected entries
                  categories
                  PR